PREVENTIVE

予防歯科


欧米と日本の予防歯科の違い


欧米では、虫歯や歯周病にならないように、自分自身で毎日セルフケアを行い、定期的に歯科医院で プロフェッショナルケアを受ける習慣があります。

日本では、 「歯が痛くなったら、歯科医院へ」という考えですが、欧米では「虫歯や歯周病にならないように定期的に プロのケアを受けて、健康な歯を維持する」という考えです。

70歳での平均残存歯数は、欧米では 15~20本、
日本では 8本 です。
定期的なプロのケアの受診率は、欧米で70~90%、
なんと日本はたった 2% です。
こんなに大きな差が出るのは当然ですよね。

しかし、日本のこれからの予防歯科も下記に示す方向に進んでいます。

  • 虫歯を削って埋める治療から虫歯菌の除菌
  • 歯周病の手術や抜歯から、歯周病菌の除菌
  • ブリッジや入れ歯などで負担がかかる歯を守るために、インプラント治療
  • 白くキレイで強度があり、体に優しく、金属アレルギーのないジルコニア(セラミック)へ

永久歯は一度失うと二度と生えてくることはありません。

これからは、再治療の無い方法で最小限に行い、予防歯科でケアする時代になってきています。
一生使える歯をご自身でケアしましょう。

みなさんの口腔内は、それぞれ虫歯系、歯周病系、ミックス系とタイプが違います。
各個人に合った予防歯科プログラムを行うのが好ましいですね。

すみとも歯科クリニックでは、下記に示す定期的な予防処置を行っています。

▲ページのTOPへ

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)


PMTC PMTCは、虫歯・歯周病予防処置です。 

毎日の歯磨き(セルフケア・ホームケア)と定期的なPMTC
(プロフェッショナルケア)の組み合わせは、歯科治療を
行わない快適な生活を目指すことができる最良の予防方法です。

トレーニングした歯科衛生士により行われ、特殊な器具と
フッ素配合の薬剤やペーストを用いて、全ての歯面と
その周辺の歯垢・プラークを除去する方法です。

歯周ポケット内や歯に付着している細菌とその集合体の粘着性の
膜(バイオフィルム)を除去し細菌を極限に減少させ、口腔内を
清潔にして、虫歯や歯周病を予防することが目的です。

PMTC特殊なラバーカップ等を使用し、歯垢・プラークを除去し細菌を
減少させるだけでなく、歯の表面の細かい傷にはいり込んだ
着色なども除去して歯をツルツルに磨きあげます。
又、フッ素とカルシウム配合のペーストを使用しますので、
歯質強化するとともに虫歯予防になります。



PMTCの順序

ステップ1 汚れの染めだし

ステップ2 プロブラッシング

ステップ3 プロクリーニング

ステップ4 薬剤でコーティング





PMTCは、約1時間かけて行いますが、たくさん歯石沈着がある方には保険のクリーニングを
事前に受けて頂く事があります。

PMTCは、ホワイトニングではありません、本来の歯の色をとり戻すことはできますが、
本来の歯の色より白くする事はできません。
(本来の歯より白くしたい方には、ホワイトニングをお勧めします。)

PMTCは特殊なラバーを使用しますので、歯を傷つけたり、痛みはありません。
PMTC終了時には、歯のツルツル感が実感出来ます。

PMTCで磨きをかけても、ずっとキレイな状態ではありません。
毎日いろんな物を食べて飲んで、少しずつ傷つき汚れしまう為、車や床のワックス掛けの様に
定期的に行うことをお勧めします。
PMTCを行う間隔は、個人差がありますが、約3ケ月毎に行います。

健康保険は使えません。

▲ページのTOPへ

ステインクリーニング(Stain Cleaning)



健康保険のクリーニングで落とす事が出来ないステイン
(タバコのニコチンやタール・コーヒー・お茶・ワイン等による
歯の着色・汚れなど)をクリーニングする方法です。



ステインクリーニングの順序

  1. 研磨剤(FLASH PEARL)を吹き付け、ブラシを併用して歯の着色・汚れをクリーニングする方法です。



磨きの処置が無く、フッ素やカルシウム成分のコーティングも無しの為、
時間が経つと着色・汚れなどが入り込んでしまいます。
ステインクリーニングには、PMTCのような歯周病・虫歯予防効果はありません。
あくまでも着色を除去するためのものです。

健康保険は使えません。

▲ページのTOPへ

3DS(Dental Drug Delivery System)


ウェルテック 特殊な薬剤を使用し、口腔内を除菌する予防法です。
Dental Drug Delivery System
(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)の略称です。
2002年に国立感染症研究所)が発表した新しい予防法です。



プラークアウト 歯の表面に粘着性の膜(バイオフィルム)があると、
薬剤が内部には浸透しません。
事前に歯のクリーニング(PMTC)を行います。



3DSの順序

ステップ1 PMTC

ステップ2 薬剤塗布


健康保険は使えません。

▲ページのTOPへ

フッ素塗布


フローデンフォーム フッ素は歯に塗布することで、エナメル質を強化し、
虫歯予防になります。
また、再石灰化の働きもあり、初期の虫歯を治癒させます。
フッ素塗布は生えて間もない歯に対して特に効果があるため、
お子様の虫歯予防に最適です。
約3ヶ月に1度のペースで行うのが効果大です。

健康保険は使えません。

▲ページのTOPへ

シーラント


シーラントfig1 子供を対象に行う虫歯予防法です。
奥歯の溝は複雑な形をしているため、歯ブラシが届かずに
汚れが溜まります。
奥歯の溝をレジン(プラスチック樹脂)で埋めることにより、
汚れが溜まるのを防ぎ虫歯を予防します。

シーラントfig2


予防で唯一、健康保険が使えます。

▲ページのTOPへ

ご予約はお電話にて承ります Tel:03-5799-6668

  予防歯科: すみとも歯科クリニック(世田谷区世田谷・歯科医院、歯医者)