FAIL (the browser should render some flash content, not this).

IMPLANT

インプラント


インプラント治療とは


当クリニックのインプラントは15年保証です。

チタン製のインプラント(人工歯根)を歯を失った部位に埋め込み、そのインプラントの上に差し歯の要領で歯を作っていきます。

もう一度ご自分の歯を作るような事ですから、機能性(咬み合わせ)と審美性はほぼご自分の歯と同じです。

すみとも歯科クリニックでは、最も歴史の古い、またエビデンスのある世界シェアナンバー1のインプラントメーカーであるノーベルバイオケア社(ノーベル財団の会社)を使用しております。

担当医は安心して21年間、ノーベルバイオケア社のブローネマルクインプラントを使用しております。

http://www.nobelbiocare.co.jp/

▲ページのTOPへ

インプラント治療の特徴


インプラント比較表

▲ページのTOPへ

無切開&即日インプラント


総入れ歯や部分入れ歯が一日で固定式の歯になります。

●固定式タイプ(ブリッジ、インプラント6本)
固定式タイプの説明



●半固定式タイプ(オーバーデンチャー、インプラント2本)
半固定式タイプの説明

※尚、時間は目安で状況により個人差があります。

▲ページのTOPへ




インプラントを推薦する理由


人間の歯には、毎日とても大きな咬む力が加えられています。

お食事の時、運動をする時の食いしばり、夜寝ている時の歯ぎしりなど、日常生活の中で歯は
身体を安定させ、維持するためにたくさんの役割を果たしているのです。

何らかの原因で歯を失った場合、インプラント治療が確立する最近まで、それらの大きな咬む力を
支えるのは、残りの歯に頼るブリッジや義歯の治療方法でした。

しかし、大きな咬む力を残り歯だけで支える事はリスクが高く、最終的には残りの歯も
失ってしまった、という経験を持っている方も多くいることでしょう。

インプラント治療は、歯を失った部位のみを治療する方法ですから、最小限の範囲で行える、
残りの歯に余分な負担や侵襲がない唯一の治療法です。

しっかり固定された歯で、硬い食べ物なども咬むことのできる歯を回復する治療法、
それがインプラント治療です。

しかし、一般の歯科治療と異なり、インプラント(人工歯根)をあごの骨に埋め込むことが
必要となりますので、きちんとした知識と技術を持った信頼のできる、設備もしっかりとした
クリニックで行うことをお勧めします。

▲ページのTOPへ

担当医より


私は、16年前から大学病院で数多くのインプラント治療および研究を行ってきました。

海外では有名なUCLA(アメリカ、カリフォルニア大学ロサンゼルス校)にインプラント留学し、世界的に著名な先生方から指導を受けました。
( http://uclasod.dent.ucla.edu/ContinuingEducation/ )UCLA

現在も、東京都内にある複数のインプラントセンターにて、最先端のインプラント治療を数多く行っておりますので、安心してご相談してください。

とにかく、まずは安全で確実なインプラント治療をご提案したいと考えております。

余談ですが、16年前、自分の母親にもインプラント治療を行ない、口の中には14本のインプラントが現在も1本も何のトラブルもなく機能しております。


歯をたくさん失い、上手く食事が出来ない母親に対して、少ない親孝行が素晴らしいインプラント治療であったことが本当に嬉しく思います。

2012年2月の定期検診時の母親のレントゲン写真
写真は、2012年2月の定期検診時の母親のレントゲンです。

インプラント担当医  住友栄太

▲ページのTOPへ

ご予約はお電話にて承ります Tel:03-5799-6668 お問い合せはこちらまで

  インプラント : すみとも歯科クリニック(世田谷区世田谷・歯科医院、歯医者)