ORTHODONTICS

歯列矯正 


欧米と日本の考え


きれいな歯並びは、顔立ちを美しく見せます。 それは予防処置??

クリアブラケット1 美人はみんなきれいな歯並びをしてますね、それは歯並びが顔立ちを美しく見せるアイテムだからです。
欧米では、歯列矯正は一般的な治療で、きれいな歯並びは美しく見せるアイテムですが、それ以上に予防処置として考えられています。

特にアメリカでは、子供の頃から歯列矯正を受けることが多いです。

歯並びが悪いと、将来ずっといろんな大きなリスク(虫歯や歯周病の進行、咬みにくい、清掃性が悪いなど)を抱えたままになり、嫌な歯科治療を数多く受けることになります。
歯列矯正は、そういった無駄な時間と費用を無くす、またそれは痛い思いや嫌な思いを回避する予防処置と考えられます。

つまり、歯並びが悪いままで将来的にかかると予想される歯科治療費や通院や治療時間と精神的な代償を、先行投資的に歯列矯正の費用と時間に充てられるかどうか、という価値観の問題のようです。
また、アメリカの多くの大学進学者が歯列矯正を受けており、歯列矯正を一種のステイタスとみる傾向もあります。

日本でも、歯に関する美意識や知識が高まり、将来的な治療などのリスク回避(予防)として認識されつつ、歯列矯正を受ける方が非常に増加しています。

▲ページのTOPへ

審美、機能、ステイタス、顎関節症、肩こり


きれいな歯並びは、審美性(対人、自己評価など)、機能性(咬み合わせ、発音、清掃性など)、そしてステイタスとして大切なものです。また、機能性での咬み合わせと姿勢、全身状態との関係は密接にあります。咬み合わせが悪いと、顎関節症や肩凝りなどの原因にもなるようです。

きれいな歯並びで、審美的かつ機能的で、正常な咬み合わせと咀嚼機能を取り戻し、健康的なライフスタイルを送りましょう。

▲ページのTOPへ

歯列矯正方法


すみとも歯科クリニックでは、患者さんに最適な矯正方法を提案しております。

ワイヤー矯正ワイヤー矯正法
歯の表面にブラケットと言われる矯正装置を取り付け、ワイヤーやゴムの力を利用し時間をかけて徐々に歯を動かす方法です。

出来るだけ抜歯をしない方法を選択するように心がけ、患者様によって、いろんな装置を使い分けて行っております。審美的に良いセラミックブラケット、治療期間を短縮する特殊なメタルブラケットや矯正用インプラントなどにより、治療期間や費用がさまざまです。

残念ながら、舌側矯正(裏側矯正)は発音障害や嚥下障害が起こり、舌や粘膜に傷をつくったり、治療費用や期間が通常の約2倍かかるなどデメリットが多い為お勧めしておりません。

マウスピース矯正マウスピース矯正装置
インビザライン、アソアライナー、スマイルトゥルーなどの各種マウスピース矯正も対応しております。マウスピース矯正の正確さが格段に進歩し、ほぼすべての症例に可能になりました。


床矯正装置
主に、子供の発育矯正に使用します。
永久歯が生えるスペースを作る為に行う矯正装置で、抜歯をしない矯正方法です。まれに、成人にも使い、ワイヤー矯正の期間短縮などに使う事もあります
 

▲ページのTOPへ

セラミッククラウンにて歯列矯正


セラミッククラウンを被せて短期間できれいな歯並びにする方法(補綴矯正)です。
どうしても数回で終わりにしたい、すでに被せ物がある歯、神経をとってある歯などの場合はセラミッククラウンによる歯列矯正が良い場合もあります。
歯を削る、神経をとるなどのリスクがある方法ですが、短期間で治療できるのが最大のメリットです。
前歯6本から8本を被せて治療することで、歯の形態や色まで変えてきれいに出来る為、審美的には非常にメリットある方法です。

▲ページのTOPへ

歯列矯正の手順


ステップ1 検査、資料採得・

ステップ2 治療方法の決定

ステップ3 治療開始

ステップ4 メインテナンス


▲ページのTOPへ

 矯正歯科について
  矯正歯科治療について、更に詳しくはバナーをクリックして下さい。


ご予約はお電話にて承ります Tel:03-5799-6668

  矯正歯科: すみとも歯科クリニック(世田谷区世田谷・歯科医院、歯医者)