一般歯科General

早期の予防と治療で虫歯リスクを減らします

虫歯の原因は一つだけではなく、虫歯菌の他に「歯をよく磨かない」「砂糖を含んだ食べ物をよく食べる」などの複数の要因が重なることで発症します。生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中に虫歯菌はいませんが、たいていの場合は幼少期に家庭内で虫歯菌に感染し、その数に応じて将来の虫歯リスクが決定します。

食後に歯を磨かないままでいると、お口に残った糖分をエサに虫歯菌が酸を出して歯を溶かします。甘いものを多く食べる人ほど注意が必要で、虫歯菌が酸を出し始める食後30分までにきちんと歯磨きを行う習慣をつけましょう。当院では、お口の中の細菌に対して虫歯菌がどの程度の割合を占めているのかを明らかにすることで、症状が悪化する前に効果的な虫歯の予防・治療を行っています。

すみとも歯科クリニックの虫歯治療

なるべく歯を削らない治療を行っています

早期に虫歯を発見できれば、虫歯菌の除菌による歯質の回復が可能です。虫歯を放置して症状が進行してしまった場合は、放置した期間が長いほど、より多くの虫歯を削って埋める治療を行わなければなりません。予防重視の当院では早期発見のための定期検診を推奨し、治療が必要な場合はなるべく削る量の少なくする虫歯治療に取り組んでいます。

患者様にとって分かりやすい、安心できる治療を心がけています

院内ユニットには大きなモニターがあり、治療中は患者様の口腔内を鮮明に映し出しています。また、治療によるお口の変化を分かりやすく患者様にお伝えするために、治療の前後でそれぞれ撮影した口腔内写真をお見せしながらお話するようにしています。カウンセリング時には治療の選択肢を複数ご提案し、患者様にしっかりと納得頂いた上で治療を始めています。

お子様におすすめの虫歯予防法

フッ素塗布

フッ素を歯に塗布することでエナメル質が強化され、虫歯予防になります。また、酸で溶けてしまった歯を再石灰化させる働きもあり、初期の虫歯を治癒することが可能です。フッ素塗布は生えて間もない歯に対して特に効果があり、約3ヶ月に1度のペースで行うと効果大です。

シーラント

奥歯の溝は複雑な形をしているため、歯ブラシが届かず汚れが溜まりやすい場所になっています。奥歯の溝をレジン(プラスチック樹脂)で埋めておくことにより、汚れが溜まるのを防ぎ虫歯を予防します。レジンは歯と近い色をしているので目立つことはありません。奥歯が生え始める2歳くらいから行うのがお勧めです。
※予防で唯一、健康保険が使えます。

  • 治療費について Cost
  • 求人情報 Recruit
  • すみとも歯科ブログ Clinic blog
  • WEB予約 Reservation

CONTACT

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL03-5799-6668 無料相談フォーム