インプラントImplant

インプラントは残存歯を守る治療でもあります

インプラント治療とは、例えるなら「もう一度自分の歯を作る治療」です。チタン製のインプラント(人工歯根)を歯を失った部位に埋め込み、そのインプラントの上に差し歯の要領で歯を作っていきます。食事や会話に不自由することなく、咬み合わせのバランスや咀嚼力といった機能性も失わず、自分自身の歯と同様の感覚で過ごして頂けます。

インプラント治療とその他の治療との違い

インプラント治療が確立するまで、何らかの原因で歯を失った場合は咬む力を残りの歯で負担するブリッジや義歯治療が行われていました。しかし、大きな咬む力を残りの歯だけで支える事はリスクが高く、最終的には残りの歯も失ってしまった、という経験を持っている方も多くいることでしょう。

インプラント治療は、歯を失った部位のみを治療する最小限の範囲で行える方法ですので、残りの歯に余分な負担をかけない低侵襲の治療と言えます。しっかり固定された歯で、硬い食べ物なども咬むことのできる歯を回復する治療法、それがインプラント治療です。
しかし、一般の歯科治療と異なり、インプラント(人工歯根)をあごの骨に埋め込むことが必要となります。きちんとした知識と技術を持ち、設備もしっかりとした信頼のできるクリニックで治療を受けましょう。

インプラント ブリッジ
治療方法 歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法 失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法
硬いものが噛める
違和感がない
美しい仕上がり
保険適用がある × △(材料等に応じて)
メリット 顎の骨に固定されているので自分の歯と同じように食べることができる。
周囲の歯に負担をかけない
固定式のため違和感があまりない
デメリット 簡単な手術が必要 両隣の健康な歯を削らなければならない
周囲の歯に負担をかける
入れ歯 総入れ歯
治療方法 失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、取り外し可能な人工の歯を留める方法 取り外し可能な人工の歯を顎の上に乗せる方法
硬いものが噛める
違和感がない
美しい仕上がり
保険適用がある △(材料等に応じて) △(材料等に応じて)
メリット 歯を削らずに済む 簡便である
デメリット 食べ物が詰まりやすく、虫歯や口臭の原因になりやすい
周囲の歯に負担をかける
入れ歯がぐらついたり、ずれたりする
食べ物が入れ歯と歯茎の間にはさまり、痛むことがある

患者様にご安心頂ける治療のために

ノーベルガイドを使用した安全性の高いインプラント治療

ノーベルガイドとは、CT撮影データとシミュレーションソフトウェアを組み合わせて精密な治療計画をサポートする、インプラントの3Dシミュレーションシステムです。手術の前に骨の形態や質、神経の位置を正確に把握し、埋め込むインプラントのサイズや角度・深さを決定できるため、実際の処置でもスムーズかつ安全なインプラント埋入が行えます。
治療計画をご説明する際はこちらの画像をお見せしておりますが、治療内容のイメージがしやすいためか、患者様にきちんと安心・納得して頂くことができます。

ノーベルガイドの利点は、手術に伴う痛みや苦痛がほとんどないことです。処置時間はわずか5~10分、事前に決めておいたインプラントを埋入するための穴を開けるのみで、歯茎を切開する必要がありません。抜歯する時よりも痛みや腫れ、出血が少なく、患者様の実に9割が痛み止めを飲まずに処置ができます。
最終的な歯が入るまでは2~3ヶ月程度、症状によってはその日のうちに仮歯をつけて帰宅できるケースもございます。

15年保証付き、世界トップシェアのノーベルバイオケア社製インプラント

すみとも歯科クリニックでは、世界4大インプラントメーカーの一つであるノーベルバイオケア社(ノーベル財団の会社)のインプラントを使用しています。ノーベルバイオケアは、歯科用インプラントを世界で初めて製品展開した審美歯科修復製品の総合メーカーです。長い歴史の中で得られた臨床結果や科学的根拠に基づいて開発されたノーベルバイオケアのインプラントは、世界中で数多くの信頼と実績を獲得しています。
当院では20年以上、ノーベルバイオケア社のブローネマルクインプラントを使用しております。また、当院では15年の保証期間を設けておりますので、期間中に万が一インプラントに不具合が起こった場合も修理・再治療などの対応をさせて頂きます。

インプラント入れ歯で毎日の生活を快適に

よく咬んでよく食べることが、健康で豊かな生活につながります。硬いものが食べられない、入れ歯が浮き上がって外れてしまうといったお悩みをお持ちの方には、インプラント治療を取り入れた入れ歯をご提案しています。
咀嚼効率アップは脳の活性化や唾液分泌量の増加、お口周りの筋肉を多く使うことによるシワの改善など、様々な効果をもたらします。よく咬むことは、健康への第一歩です。

固定式タイプ(ブリッジ、インプラント6本)

6本のインプラントを顎の骨に埋め込み、ブリッジを直接ネジで固定する方法です。通常のインプラント治療では失った歯の本数だけインプラントを埋め込みますので、残存歯が少ない患者様の場合は治療費が高額となってしまいます。ブリッジを義歯の代わりとし、それを6本のインプラントで支えるこの方法はオールオン6とも呼ばれ、歯を多く失ってしまったケースにおいては費用面でも患者様の負担を減少させることができます。

半固定式タイプ(オーバーデンチャー、インプラント2本)

2本のインプラントを固定源として顎の骨に埋め込み、その上に入れ歯をはめ込んで安定させる方法です。通常の総入れ歯は歯茎のみで入れ歯を支える必要がありますが、オーバーデンチャーはインプラントと入れ歯がしっかりと連結されるため、ずれることによる痛みや食べづらさが解消されて食事を楽しめるようになります。入れ歯の取り外しや装着は患者様自身で行えますので、管理やメンテナンスも比較的容易です。

インプラント担当医より

私はこれまで、大学病院で数多くのインプラント治療および研究を行ってきました。海外では有名なUCLA(アメリカ、カリフォルニア大学ロサンゼルス校)にインプラント留学し、世界的に著名な先生方から指導を受けました。
現在も、東京都内にある複数のインプラントセンターにて最先端のインプラント治療を数多く行っておりますので、安心してご相談してください。とにかく、まずは安全で確実なインプラント治療をご提案したいと考えております。

余談ですが、昔に自分の母親にもインプラント治療を行い、口の中には14本のインプラントが現在も1本も何のトラブルもなく機能しております。歯をたくさん失い、上手く食事が出来ない母親に対して、少ない親孝行が素晴らしいインプラント治療であったことが本当に嬉しく思います。
写真は、2012年2月の定期検診時の母親のレントゲンです。

インプラント担当医 住友栄太

  • 治療費について Cost
  • 求人情報 Recruit
  • すみとも歯科ブログ Clinic blog
  • WEB予約 Reservation

CONTACT

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL03-5799-6668 無料相談フォーム